忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日頃の思考・行動はやはりその人の「軸」

7月になりました。わかりやすく梅雨空です。連日雨が降り続いています。

沢山の方と交流させていただいた二か月を終え、今は静かにサロンにて

過ごす日々に戻りました。ある意味、ホームグラウンドです。


やはり私はどちらかに傾くことを良しとしないようです、笑。

静と動・光と影・にぎわいと孤独。どれも大切、バランス重視。


ですが、あくまでもこれは「私・基準」。


そんな中、「何でも鵜呑みにしてしまう人」たちに出会うことがあります。

もちろん、交流はオープンマインドが原則、先入観なしでお相手の発する

波動を受け取る、そしてこちらもそこに耳を傾ける…。

これは「丸呑み」ということではないのです。瞬時に選別も同時にしています。

特に、もたらされる情報は洪水のように押し寄せます。

自分がすくいあげるネタは、自分の竿で釣ったものです。

雑魚も拾うか、高級魚狙いか?あ、ちょっと表現が適切ではないですね、笑。


かつて昔

「あなたがいいって言ってたから~」とか

「あなたの紹介しているものだから~」と「あなたが親しくしている人だから」など

そういう理由付けをされることがありました。

その度、違和感を覚えました。そこに自分の「基準」はないのか?

選ぶ責任はその本人にはないの? 

そういう人に出会うたびに、「もう少し疑えよ!」と思ってしまいます。

もしくは「自分でとことん調べろ!! 」と突っぱねたくなります、笑。


安易に答えを他人から聞く行為。そこに何の疑問も感じない?

私は自分が子供時代からひねくれていたので、笑、

分数の割り算がなんでそんなと解き方になるのか、理解できませんでした。

故に、公式から答えを導き出す、数学が大の苦手。ははは。

完全に理数系の相方とは、しょっちゅうぶつかっています。「余計なこと考えんな」と。


要は、自分の考えに固執せず、自分の納得いく方法で調査する。

あとは、ご自由に、笑。

コントロール嫌いの私の本音でした。



拍手[0回]

PR

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]