忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分で決める

人は常に変化していく動物だと思っている。

どんな人であろうと、とどまっていることはない。

時は流れているのだし、あえてそこを動かないとしても、止まっていることはない。


私はこのブログを書く時、より自分の本質に近づきつつ、言葉を書き出している。

一方のブログは公にむけての自分だとすると、

こちらのブログはより「独白」の近いもの。思考と感情の波間で言葉を紡ぐような感じ。

ゆえにこちらの方は少しナイフのように、鋭いかもしれない。


言い訳する人が許せない。

やりたい、そうしたい、でもできない・・・と始終言っている人か嫌い。

愚痴を垂れ流している人も嫌い。

他人に依存して、自らで責任をとらない人も言語道断。

これらはつい最近まで私が握りしめていた感情だ。


常に私の周りに存在していた上記の四点の具現化した人々。

ぐるぐると取り囲み、あれこれと問題を提起しては、私を苦しめる・・・・と、

かつての私は勝手に思っていた。


けれど今はこう思う。

それはどれも自分、あれもこれもそれも。

自分のどこかにそれが存在しているから、反応してしまう。

自分の中で処理しきれない問題を抱えている自らの叫び。

それがまるで鏡のように映し出され、べっとりと私につきまとっていたのだ。


もういらない。

もうこりごりだ。

そんな世界の住民としてこれ以上安住してるヒマはない。

それも自分の淵から立ち上がってきた、そぎ落とされたむき出しの感情。


「役割」とか「意味」とか「使命」とか、自らもそういう便利できれいな言葉を使用してきた。

でも、一般的に言われているそういう言葉ではなくて、自分の本質から湧き上がってくる何か。

それはどんどん変容が進んで行って、私はどこかへ行こうとしている。


頭で考えすぎるのはもうやめよう。

「自分で決める」のだ。

そう、それだけだ。

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]