忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここにいること

かつての私の目線は、常に前を向いていた。

可能性がある限り、自分の体力が続く限り、果て無い夢を追うかのように

視点は前へ、上へと向かっていた。

その世界はいつも自分一人のもので、他人は介在しない。

それゆえに私は、人を寄せ付けない空気を放っていたのだろう。

いつも言われていた私への第一印象の言葉は「近寄りがたい」だった。

拒絶しているつもりは毛頭なかったが、あまりにも自分のことに必死過ぎて

人のことにまで気持ちを向ける余裕がなかった・・・というのが正直なところである。

結婚願望なんてまるでなかったし、

ましてや自分は自分で家族を作ることなんて無理だろう・・と何だか頑なに思っていたところがある。

若いころの思考は、ひたすら一直線。


振り返ると笑ってしまうくらいの思い込み方。

「いつ死んでも悔いのない生き方をしよう」という思考は、大切な人を突然に失う経験を

立て続けにしたから。無鉄砲な思い込み。


今だから言える。

そう思い込めば、その事象を招き入れるかもしれないが、そうじゃないと決めれば、

いくらでも楽でシンプルな明るい毎日を引き入れることができる。

今、ここにいること。

これは中高年に入った私の新しい概念。

それまで風のように生きて、根無し草のようにどこでもふらふらと流れて、

それでいいと思っていたけれど、

今の私は、ここに根を張って 生きている。どこかに行くかもしれないが、

どこにも行かないかもしれない・・・。

とりあえずここにしっかりと 足を下ろして、尋ねてくる人を待ってみることにしよう。

そのための人生も 悪くない。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]