忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

ここにいること

かつての私の目線は、常に前を向いていた。

可能性がある限り、自分の体力が続く限り、果て無い夢を追うかのように

視点は前へ、上へと向かっていた。

その世界はいつも自分一人のもので、他人は介在しない。

それゆえに私は、人を寄せ付けない空気を放っていたのだろう。

いつも言われていた私への第一印象の言葉は「近寄りがたい」だった。

拒絶しているつもりは毛頭なかったが、あまりにも自分のことに必死過ぎて

人のことにまで気持ちを向ける余裕がなかった・・・というのが正直なところである。

結婚願望なんてまるでなかったし、

ましてや自分は自分で家族を作ることなんて無理だろう・・と何だか頑なに思っていたところがある。

若いころの思考は、ひたすら一直線。


振り返ると笑ってしまうくらいの思い込み方。

「いつ死んでも悔いのない生き方をしよう」という思考は、大切な人を突然に失う経験を

立て続けにしたから。無鉄砲な思い込み。


今だから言える。

そう思い込めば、その事象を招き入れるかもしれないが、そうじゃないと決めれば、

いくらでも楽でシンプルな明るい毎日を引き入れることができる。

今、ここにいること。

これは中高年に入った私の新しい概念。

それまで風のように生きて、根無し草のようにどこでもふらふらと流れて、

それでいいと思っていたけれど、

今の私は、ここに根を張って 生きている。どこかに行くかもしれないが、

どこにも行かないかもしれない・・・。

とりあえずここにしっかりと 足を下ろして、尋ねてくる人を待ってみることにしよう。

そのための人生も 悪くない。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]