忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の役割

私が自分の人生を決める時、 

いつも関わってきたキーワードがある。

『病気』である。

極端な話、今の伴侶と結婚した直接のきっかけは、

『彼の病気』だったからだ。

まだ、付き合い始めて間もない頃、互いに将来なども約束など

していない そんな時期に、

彼は『急性膵炎』という病気を 発症した。

ある日突然、腹部の痛みに 転げまわるように苦しみ、

私の運転で かかりつけの 総合病院に搬送した。

それからそのまま、緊急処置後、入院となる。

地方出身で、一人暮らしをしていた彼は、両親とも離れていたため

担当医との面談は、何故か私がすることになった。

とりあえず、両親が駆けつけるまでの間ということで

今後の処置、検査入院の予定などを 簡単に説明を受けた。

両親が上京後、詳細説明が改めて 医師からあり、

深刻な病状であることを 知らされた。

なぜ そんな時期に、私は彼と 出会ったのだろうか。

まだ 付き合い始めて 日も浅くて。

両親に紹介するなどという段階でも まったくなかったのに、

なぜだかいつの間にか、私の役割が 大きなものになっていく。

私は自分が今後 どうなっていくのか はっきり認識する暇もなく、

彼の毎日に付きそい、見舞いに通い、食餌療法の指導を受け、

彼の人生に深く 関わっていくようになる。

『結婚』

そんなキーワードが ちらつき始めた。

彼 25才 私 23才。

ここからが、私の 『病院』との お付き合いが 増えていく幕開けだ。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]