忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

悩むことが好きな人々

私のニュートラル思考は、単なる仲良しごっこの思考ではない。

厳しいことを言うように感じるだろうか。

ニュートラルなんだから、マイナスもプラスも受け入れて当然、と受け止められがちだが、

私に限っては、そうではない。


私の心の中にも当然、マイナス思考はあるし、時にそこに落ちる時もある。

ただそれをひたすら見つめ、自己で消化して行く。否定はしないが、

それを人には発信しない。

そう決めている。

決めているのだ。


出来事はシンプル。いいも悪いもない。

色付けしているのは自分。そこに他人は介在しない。

それが腑に落ちれば、こんなに楽なことはないのだ。

他人を気にしなくて済むのだから。


他人の言動にいちいち振り回され、自分に落ち度があったのかも、と悩み、

同じところでぐるぐる考える。罠に落ちる。

他人に軸をおいていることに、なぜ気づかないのだろう。

それが実は自意識過剰であることや、自分の尊厳を他人に売り渡していることに

本人はもとより気づくことはない。


どんなに叱責しようと、なだめすかそうと、

本人は悩む状況をあえて、好んでいる。

そう、それを結局選んでいるのだ。そこが居心地がいいのだ。

悩む自分に。慣れている世界に。

そこから出てくることはないのだろう。


同じ場所から見る視点。

自分が気づいて動いて、角度を変えて見なければ、

カン違いの世界から脱却することはない。


その人の世界観はずっと、そのままなのだ。

しかたが、ない。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]