忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悩むことが好きな人々

私のニュートラル思考は、単なる仲良しごっこの思考ではない。

厳しいことを言うように感じるだろうか。

ニュートラルなんだから、マイナスもプラスも受け入れて当然、と受け止められがちだが、

私に限っては、そうではない。


私の心の中にも当然、マイナス思考はあるし、時にそこに落ちる時もある。

ただそれをひたすら見つめ、自己で消化して行く。否定はしないが、

それを人には発信しない。

そう決めている。

決めているのだ。


出来事はシンプル。いいも悪いもない。

色付けしているのは自分。そこに他人は介在しない。

それが腑に落ちれば、こんなに楽なことはないのだ。

他人を気にしなくて済むのだから。


他人の言動にいちいち振り回され、自分に落ち度があったのかも、と悩み、

同じところでぐるぐる考える。罠に落ちる。

他人に軸をおいていることに、なぜ気づかないのだろう。

それが実は自意識過剰であることや、自分の尊厳を他人に売り渡していることに

本人はもとより気づくことはない。


どんなに叱責しようと、なだめすかそうと、

本人は悩む状況をあえて、好んでいる。

そう、それを結局選んでいるのだ。そこが居心地がいいのだ。

悩む自分に。慣れている世界に。

そこから出てくることはないのだろう。


同じ場所から見る視点。

自分が気づいて動いて、角度を変えて見なければ、

カン違いの世界から脱却することはない。


その人の世界観はずっと、そのままなのだ。

しかたが、ない。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]