忍者ブログ

サロンLAPISのニュートラルトーク

ひっそり隠れ家サロン時代から書きためている本音のコラム。 時にじんわり、時にきっぱり。 素で綴る、セラピストのひとりごとです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

34年前を想う今日の今の私

早朝からの激しい雨もあがり、薄日が差し始めています。

さわやかな陽光。
たしかあの朝も すがすがしい朝でした。

1979.4.11 14歳の私は中学三年になったばかりでした。
いつもと何も変わらない朝、新学期が始まったばかりの登校前。

「行ってらっしゃい」
明るい声で背後から声をかけてくれた人に私は、
目も合わせず、ぶっきらぼうに一言。

「行ってきます」

それが最後の会話になりました。

あれから34年の月日が流れ、
私は当時の父の年を とうに超えました。

そして今年、もうひとり大切な人が あちらの世界に行きました。
もう何人 大切な人を見送ったでしょう。
そしてこれからはもっともっと
お別れは増えていきます。

私のあの時からの癖。

大切な人が出かけるときは、姿が見えなくなるまで見届けること。
それが習慣になりました。
あの時の 大きな後悔です。
顏さえ見ずに 永遠の別れをしてしまうなんて
もう、いやだから。

失うことで手に入れるものもあるのです。
それは「気づき」。そしてそれを実行していくこと。

私はいつでも、最後まで見届ける人でありたい。
そんなことを想う48歳の私です。





拍手[4回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Copyright ©  -- サロンLAPISのニュートラルトーク --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]